受験資格と出題方法を把握|子供好きなら保育士を目指そう|資格を取得する為の学校選び
勉強道具

子供好きなら保育士を目指そう|資格を取得する為の学校選び

受験資格と出題方法を把握

ノートと鉛筆

受験資格を把握して受験

多くの資格や試験では受験資格が設定されています。それを知らずに勉強しても、いざ受験の申し込みをしたときに受験資格に達していないことを知ることがあります。これでは勉強したことが無駄になってしまいます。衛生管理者には、第一種と第二種があります。第一種にはさらに特定第一種があります。第一種は特に業種に区別なく、いろいろな業種で使うことができます。第二種はサービス業などで使うことができる資格です。衛生管理者の受験資格は、大学を卒業した人の場合は、労働衛生の実務に1年以上従事している必要があります。高校を卒業した人であれば、労働衛生の実務に3年以上従事している必要があります。それ以外にもいくつかあるので、この内容を確認したうえで受験するとよいでしょう。

択一のマークシートで出題

資格試験には合格基準が設けられることがあります。試験によって基準は異なり、受験者の一定割合を合格させる場合もあれば、一定のレベルに達している人すべてを合格させる場合もあります。衛生管理者試験は、一定レベルに達していれば誰でも合格することができます。合格率は、第一種で50パーセントを少し超えるくらい、第二種なら60パーセントを超えるくらいなので、決して難易度が高いわけではありません。衛生管理者試験の出題方法は、択一のマークシート式になります。試験のパターンが決まっていますから、過去問題などを集中的に行うことによって力をつけることができるでしょう。最近では、資格取得を手助けする教育機関やサービスが多数存在します。独学でも知識は得られますが、教育サービスを利用した方が効率的に勉強が進むという方が多い傾向にあります。教本などには無い知識も得られることもあるので、試験に合格したいのであれば、教育サービスを利用することも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。