労働環境を守るために|子供好きなら保育士を目指そう|資格を取得する為の学校選び
勉強道具

子供好きなら保育士を目指そう|資格を取得する為の学校選び

労働環境を守るために

勉強道具

合格するために必要なこと

衛生管理者という資格を最近はよく聞きますが、この資格は労働安全衛生法に基づき職場の労働衛生と労働衛生管理を担っています。衛生管理者は、衛生に係る技術的事項を管理する者で、すべての業種において、常時50人以上の労働者を使用する事業場において選任が義務付けられています。つまりは職場に無くてはならない資格ですが、衛生管理者になるには試験に合格する必要があります。試験は、第一種と第二種とが有り、特に上位資格である第一種の出題範囲は多岐に渡り、労働衛生、労働生理、関係法令の中から出題されます。合格するためには勉強と努力しか有りません。勉強に王道なしとはよく言われますが、合格のコツは有ります。労働衛生と労働衛生管理に必要な知識やスキルにはトレンドが有るわけではなく、関係法令等が変わらない限りは必要な資質は不変です。しかも、試験回数が毎月1〜3回と多いのも魅力で、一年で何度でもやり直しが効きます。つまりは、過去に出題された問題を繰り返しやってみてその傾向と重要ポイントを掴むことこそがやるべきことです。繰り返しやることで内容の理解も深まり、合格すれば晴れて衛生管理者の仲間入りが出来ます。

人気資格には理由がある

世の中の人気があるものには全て理由があるように人気がある資格にもその理由があります。一般的には、その資格にステイタスがある、独立に役立つ、社内での昇格や昇給に役立つ、費用が少なくて取りやすい資格に人気が集まる傾向に有ります。衛生管理者の試験ではここ数年は50%を超える合格率を示しています。これは国家試験としては異例の取り易さだと言えます。しかも、衛生管理者は、すべての業種において、常時50人以上の労働者を使用する事業場において選任が義務付けられていることから企業側としては居てくれなくてはならない人材です。企業側によっては受験費用やテキスト代、講習代まで全額負担の上げ膳据え膳でさあ受けて下さいというスタンスのところも多いです。しかも、衛生管理者として職務を行うことでステイタスも得られますし、昇格や昇給のチャンスも有ります。場合によっては資格手当を貰えることも有り、資格取得者にとっては優位な資格と言えます。