資格を取って働く|子供好きなら保育士を目指そう|資格を取得する為の学校選び
勉強道具

子供好きなら保育士を目指そう|資格を取得する為の学校選び

資格を取って働く

笑顔の女性

子供相手の仕事の資格

子供を相手に仕事をするといえば、一番に浮かぶのが保育士です。けれど、保育士資格だけでなく、幼稚園教諭という資格もありますので、子供を相手に働きたい人は違いを調べ、どちらがより自分のやりたい仕事に向いているのかを考えることが大事です。幼稚園教諭の場合、小学校低学年まで教えることができますので、仕事をする場所の選択肢が広がります。大学で学ぶのが基本になりますが、四年制大学でなら一種を、短期大学でなら二種の免状を取得できることを知っておくと、どちらに進むべきかの進路の判断にもつながります。大学で学ぶ期間の差が一種と二種の主な違いですが、仕事をしていくうえで高い目標がある場合、一種の方が実現しやすい可能性があります。

将来の目標が決め手になる

現場で子どもたちと触れ合い、その成長を見守っていきたいと考える現場主義の仕事がしたい人なら、短期大学でとれる幼稚園教諭二種免状で十分といえます。一方で、自分で幼児教育の場を作りたいという夢を持っている人や、教育者としてより高度に幼児教育に携わっていきたいと考える人は、やはり幼稚園教諭一種免状を持っている方が有利です。二種免状をとって仕事を始めても、再度一種免状をとるためのチャレンジはできますが、勤務年数を満たしているかや、別途追加で勉強をしなくてはならないといったことを考えると、最初から一種免状をとれるように四年生の大学へ進学しておく方がいいかもしれません。幼稚園教諭資格を得たら、どのような職場でどんなふうに仕事をしたいのかの明確なビジョンを持っていると、進むべき道もすんなり決まるでしょう。